2つの作り方

印鑑イメージ

あなたが、いつも何気なく使っている、印鑑が出来るまでの工程をみなさんは、知っているでしょうか。
私は、その工程に興味があったので、今回しらべた内容をレポートしたいと思います。
さて、みなさんは、印鑑が一体どのような所で、どんなふうに作られているのか、しっているでしょうか。

まず、最近の印鑑はほとんど全てがオーダーメイドで、その上、まとまった大量生産ができない為、あまり大きな工場を持っていないところがほとんどです。
その印鑑は机サイズの機械でプレスのようなことをされて、文字を刻む機械工法と、職人が1から手作りした、印鑑と多く分けて2つあるわけですが、この中でも、大量生産は、無理ですが、使っていると愛着が湧いてくる印鑑が職人が作った印鑑です。
日本の技術はすごいもので、ただの印鑑なんだけど、美術品としても価値のあるような作品をたくさん創りだしています。

私は、印鑑を買うとなったら、職人の印鑑を買うでしょう。
それは、長く使うだろうから、できるだけ長く使えるような状態を保ちたいと考えるからです。
そんなこんなで、たくさんの印鑑は世界には存在しますが、私だったら、迷わずに、職人の印鑑を買い、それを、銀行印として使うでしょう。

そうすることによって、何かの運勢が上がるかもしれないと勝手に思い込んでいることもあるんですが、やはり、日本の技術に魅了されてしまい、離れることができなくなってしまった。
と、でもいうべきでしょうか。
本当に日本の印鑑はすごいですよ。

〔日本最大級!オススメWEBサイト〕

印鑑の安心通販サイトなら【ハンコヤドットコム】!
テレビや新聞等メディアでおなじみのはんこ総合サイトです!
お手頃価格でスピード対応。
さらに10年保証があるので、印鑑の購入後も安心できるショップです。

ページの先頭へ